働く人の福利厚生ニュース Workers Bistro TOP食事補助福利厚生には社員食堂がおすすめ。その理由とは

福利厚生には社員食堂がおすすめ。その理由とは


人材不足が多くの企業の課題となっている今日この頃。人材獲得や従業員定着に効果的な手段として、福利厚生の充実が改めて注目を浴びています。

しかし一口に福利厚生といっても、レジャー施設の割引から家賃補助まで、多種多様ですよね。そうした中で最近人気が高いのが、社員食堂です。今回は社員食堂を導入するメリットなどについてご紹介します。

社員食堂は満足度が高い人気の福利厚生

福利厚生を充実させる施策の一環として、社員食堂を導入する企業が多くなってきています。その一番の理由は、何と言っても「従業員の人気が高いから」です。働く人たちを対象にしたある調査によると、あったら嬉しい福利厚生で「社員食堂・昼食補助」を挙げる人は、全体の3割以上に上ります。これは住宅手当に次ぐ堂々の2位。さらに、実際にあってよかった福利厚生を調査したアンケートでは、社員食堂・昼食補助を挙げた人が全体のトップとなりました。このように、社員食堂は従業員の満足度がとても高く、人気抜群の福利厚生なのです。

社員食堂を導入するメリット

それでは、社員食堂を導入すると、企業側としてはどのようなメリットが期待できるのでしょうか?

社員食堂は社員のコミュニケーション促進になる

社員食堂を導入すると、ランチタイムに自然と多くの従業員が揃うことになります。食事というリラックスした時間なので自然と同僚同士、あるいは上司と部下同士の会話が生まれ、コミュニケーションが活発化するのです。ランチでの緩やかなコミュニケーションは、チームワークを向上させるほか、新たなアイディアが生まれやすい環境を形成します。

社員食堂で従業員満足度が向上し、人材定着につながる

先述の通り、社員食堂は非常に従業員の満足度が高いのが特徴です。従業員満足度は、人材の定着度を図る上でとても重要な指標になっています。社員食堂という誰もが恩恵を感じやすく、利用しやすい福利厚生を導入することで、優秀な人材を引き留め、離職率を下げることができるようになるでしょう。

社員食堂は健康経営にも最適

社員食堂は、今注目の健康経営にも最適です。社員食堂を用意すれば、今まで「忙しいから昼食は抜きにしよう」と考えていた人や、コンビニ弁当で簡単に昼食を済ませていた人も、健康的なランチを食べやすくなります。会社でヘルシーな昼食を食べることが当たり前になれば、リフレッシュ効果やそれによる生産性向上も期待できそうです。

食事補助サービスなら、手軽に安く導入できる

ここまでご紹介してきたように、社員食堂には多くのメリットがあります。しかしながら「うちには社員食堂を整備するような予算の余裕はない」「社員食堂の導入には時間もコストもかかるし、ちょっと無理」という方も多いでしょう。そこでおすすめしたいのが、食事補助の福利厚生サービス「チケットレストラン」の活用です。

チケットレストランを導入すると、導入企業の従業員は、全国のバラエティ豊かなたくさんの飲食店でお得にランチを楽しめるようになります。導入・維持コストも安価で、気軽に導入することができます。チケットレストランなら、社員食堂を作らなくても、同じメリットを簡単に享受できるのです。チケットレストランの仕組みや導入メリットについて詳しくは、ホームページをチェックしてみてください。