働く人の福利厚生ニュース Workers Bistro TOP食事補助福利厚生に朝食を提供する会社が増加中。メリットいろいろ

福利厚生に朝食を提供する会社が増加中。メリットいろいろ


食事補助の福利厚生というと、ランチを指すことが多いでしょう。もちろん現在もランチ補助が主流なのですが、実は最近、従業員に朝食を提供する企業が増えています。なぜ今、朝ごはんを補助する会社が増加しているのでしょうか。朝食を提供する会社の狙いを探ってみました。

なぜ朝食が大事なのか

朝食をきちんと摂らない社会人は少なくありません。特に20代、30代といった若い世代では、朝食を抜きにする傾向が強いようです。でも朝ごはんは、働く上で思いのほか大事なのです。人間は眠っている間にもエネルギーを消費しており、朝は脳内がエネルギー不足の状態になっています。そのため朝食を食べないまま働くと、集中力があまり上がらず、労働生産性や業務効率に悪影響を及ぼしてしまうのです。

午前中の業務効率が上がらないと、相対的に午後の業務量が増えることになり、残業も増えてしまいます。つまり朝食を摂らないことには大きな弊害があるわけです。会社側で朝食の補助を行えば、この問題を解決することができます。結果として生産性向上や帰宅時間の早期化、残業削減などにもつながり、従業員と会社の双方にメリットが期待できるでしょう。

健康経営の一環としても

ご存知の通り、朝ごはんを毎日摂ることは、普段の健康維持の上でも大切です。従業員の健康を維持することは、会社にとっても離職率低下や医療費負担削減など様々な利点があります。朝食の提供は、健康経営の観点からも最適な施策だと言えるのです。ヘルシーな朝食メニューを用意すれば、普段食生活にあまり気を使わないような一人暮らしの若い従業員の健康維持にも役立ちます。

社内コミュニケーションの活性化にも

朝ごはんを社内で提供することで、社内コミュニケーションの自然な活性化も期待できます。一日の始まりに朝食を通じたコミュニケーションの機会があれば、社内の雰囲気が明るくなり、その後の仕事もよりスムーズに進むはず。部署の垣根を越えたコミュニケーションの場を提供する手段としても、朝ごはんの補助はぴったりです。定期的に「朝食会」のようなちょっとした交流イベントを実施するのもいいですね。

採用活動でもアピールできる

多くの業界で、人手不足に悩まされる企業が目立つようになってきました。新しい人材の採用を促進する上でも、朝食の提供は効果的です。採用活動を進めていく際、「朝食補助あり」というのはユニークで魅力的なアピールポイントになります。朝食を提供する意図や狙いも併せてアピールするといいでしょう。若い世代ほどこうしたユニークな福利厚生を重視する傾向があるので、新卒採用で効果を発揮するはずです。

食事補助の福利厚生ならチケットレストラン

今回ご紹介した朝食補助をはじめ、食事補助は従業員の満足度が高いとして注目の福利厚生です。人気の食事補助ソリューション「チケットレストラン」を導入すると、簡単に従業員満足度の高い食事補助システムを実現できます。チケットレストランは導入企業2,000社以上、従業員利用率99%以上という実績あるサービス。下記リンクから、チケットレストランのホームページをチェックしてみてください。