働く人の福利厚生ニュース Workers Bistro TOP人事・採用福利厚生をアウトソーシング。そのメリットを解説

福利厚生をアウトソーシング。そのメリットを解説


少子高齢化が進んでいることもあって、多くの業界で人手不足が顕著になってきています。人材の確保は、いま日本企業がもっとも注力している課題とも言えるでしょう。そのために従業員の待遇改善に改めて力を入れ始めた企業も目立ちます。

そんな中、人材の獲得やキープに有効な切り札として注目されているのが、福利厚生です。福利厚生を充実させれば従業員の働きやすさや満足度が上がり、離職率の低下が見込めます。さらに新たな人材を採用するときにも、会社のアピールポイントとして活用できるでしょう。

福利厚生をアウトソーシングする企業が増加中

福利厚生のアウトソーシングとは、福利厚生の制度を自社ですべて用意するのではなく、福利厚生専門の事業会社に委託して、福利厚生サービスを代行してもらうことです。福利厚生への注目度が高まる中、福利厚生をアウトソーシングする企業が年々増加しています。

福利厚生のアウトソーシングサービスには、レジャー施設割引・商品券・介護サービス補助などバラエティ豊かな福利厚生オプションを総合的に提供しているものもあれば、食事補助などひとつの分野に絞って安価かつ質の高い福利厚生サービスを提供しているものもあります。共通しているのは、自社単独で福利厚生を導入するのに比べて、手間がかからないこと。だから福利厚生充実のメリットを最大限に高めることができるのです。

福利厚生のアウトソーシングサービスを使うメリット

福利厚生のアウトソーシングサービスを利用すると、どのようなメリットがあるのでしょうか?主なメリットを3つご紹介します。

コストを削減できる

新しい福利厚生を一から比較検討して導入し、その後維持するには、多くの費用と人的リソースを必要とします。「新規の福利厚生導入に多額のコストを費やした割に、利用率も低いし、見合った効果があまり出ていない・・・・・・」という事例も少なくありません。福利厚生のアウトソーシングサービスを使えば、大きなコストをかけることなく、低リスクで新たな福利厚生を導入できます。

すぐに導入できる

福利厚生のアウトソーシングサービスは、申し込んでから実際の運用開始までに時間がかかりません。基本的には数週間で福利厚生の導入が完了してしまうことがほとんど。導入に合わせて多大な投資をする必要もないので、手軽に福利厚生を充実させられるのです。

中小企業やスタートアップでも大企業並みの福利厚生を提供できる

従来は、中小企業や小さなスタートアップは、大企業の福利厚生には勝てないというのが常識でした。しかし福利厚生のアウトソーシングサービスの普及で、この常識はもはや過去のものになっています。アウトソーシングなら多額の初期投資もいらず、維持コストも安く済むため、小さな会社でも従業員に大企業並みの充実した福利厚生を提供可能です。

利用率も従業員満足度も高いチケットレストラン

福利厚生のアウトソーシングサービスには様々なものがありますが、中でもチケットレストランは導入実績2,000社以上、利用者15万人以上という人気の定番サービスです。チケットレストランを利用すると、導入企業の従業員様は電子食事カードや食事券を通じて、全国の飲食店やコンビニエンスストアでお得にランチを楽しめるようになります。利用率は99%以上で、満足度も非常に高いのがチケットレストランの特徴。起業したばかりのスタートアップからグローバルな大企業まで、たくさんの企業様に活用していただいています。詳しくはチケットレストランのホームページをご覧ください。