働く人の福利厚生ニュース Workers Bistro TOP人事・採用福利厚生の種類とは?その費用とは?

福利厚生の種類とは?その費用とは?


日本国内で働く人々にとって「どの企業で働くのか?」は大きな問題のひとつです。雇用は多様化し、終身雇用制度はもはや崩壊状態。定年まで同じ企業で働き続ける人は今後ますます減少していくと見られます。国内の雇用市場は完全に「売り手市場化」しています。そんな中であなたがどこの企業を選ぶのか?の答えを出すキーワードのひとつが「福利厚生」です。

今回は「福利厚生とは」「どんな種類があるのか」「福利厚生のアウトソーシングと費用とは」について説明します。

福利厚生とは何なのか?

まず、福利厚生とはなんなのでしょうか?
福利厚生とは簡単に言うと「給与以外でその企業に勤める従業員を保護するもの」です。

福利厚生には「法定福利厚生」と「法定外福利厚生」があります。「法定福利厚生」は法律で決められた内容なのでどの企業にも差はありませんが、「法定外福利厚生」は企業の規模により内容は千差万別です。

より魅力的な従業員に会社で働いてもらうために企業側はより魅力的な法定外福利厚生の整備に力を入れているのが現状です。魅力的な福利厚生を準備できていない企業は優秀な人材から見放されてしまう可能性も高いです。

法定外福利厚生にはどんな種類がある?

法定福利厚生と言えば「雇用保険」「失業保険」「健康保険」などの法律で加入が決められたものですが、法定外福利厚生とはその内容が法律で定められていません。

企業努力により、その内容は異なります。では、法定外福利厚生にはどのようなものがあるのでしょうか?一般的なのは、「家賃補助」「交通費の支給」「家族手当」などです。こちらはかなり多くの企業で当たり前の様についていることがほとんどでしょう。

しかし、それだけでは魅力的な人材を確保できないのが今の時代です。そこで各企業は各々にさらに付加価値の高い福利厚生を付けて優秀な従業員を確保しようとしています。

福利厚生にはどれくらいの費用がかかるのか?

福利厚生について企業側はどれくらいの費用をかけているのでしょうか? 全国平均で算出されたデータとしては一人の従業員一か月あたりおよそ「3万円前後」というのが相場です。

その内容は「食事代の支給」や「ご家族のライフサポート」「エンタメなどのサービスの提供」など様々です。もちろん、どのような福利厚生を行うのかで企業の負担額は多種多様だと言えます。優秀な社員を囲い込むには福利厚生費の負担は必須となるなか、いかに費用を抑えつつ効果的・効率的な福利厚生を準備できるかが大きなポイントです。

とはいえ、すべての法定外福利厚生を企業がすべて賄う事はかなり非効率でしょう。

福利厚生をアウトソーシングしてスムーズに

法定外福利厚生は、実は「アウトソーシング」で行うことも可能です。パッケージングされた法定外福利厚生を企業に提供している会社が複数あります。

食事の提供から健康管理などのご家族へのサポートなど、その内容は多種多様ですが、企業側としては「自社で仕組みを作らなくてもいいメリット」があるのは確かです。

もちろん、従業員の方にとっても「スムーズに福利厚生を受けることができる」というメリットもあります。内容や企業規模によって費用は様々ですがアウトソーシング化でより効率的な福利厚生を提供するのも受けることも大切なのではないでしょうか?

自社で仕組みを構築するまでにさらに費用がかかってしまうこともあります。手間暇もかかるでしょう。それを必要な費用を払えば軽減してくれるのが福利厚生のアウトソーシング会社です。非効率な福利厚生をアウトソーシングしてみるのも大変おすすめです。