働く人の福利厚生ニュース Workers Bistro TOP人事・採用福利厚生の充実で得られる会社のメリットとは?

福利厚生の充実で得られる会社のメリットとは?


福利厚生が充実しているかどうかは企業の人材確保にも大きく関わってくるといいます。なぜかというと、福利厚生は社員が会社からの給料以外に受けることのできる報酬でもあるからです。例えば、食事補助や住宅手当などは福利厚生が充実している企業であれば自己負担は全体の6割程ですませられます。

経済成長が芳しくない現在では、自己負担が軽減される事は働く企業を選ぶ際に大切なポイントになると言えます。そのため企業では様々な福利厚生サービスを提供し、社員のモチベーションの向上に努めています。では具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。

福利厚生によるメリット

福利厚生と言う言葉は良く聞きますし、実際会社に勤めていれば自然と受けているものも多いと思います。社会保険なども福利厚生ですし各種手当もそれに当たります。そんな手厚い福利厚生を提供することは、会社にとってどのようなメリットがあるのでしょうか。

求人を出す時にアピールできる

新規採用・中途採用に関わらず、求職している人のほとんどが求人情報の中でお給料はもちろんですが、同時にその会社の福利厚生にどのようなものがあるのかをチェックしています。ユニークな制度や魅力的な制度をアピールする事で、優秀な人材確保にもつなげられるというものです。

社員の健康管理に役立つ

社員食堂などの食事補助で栄養面を、リラクゼーションやフィットネスなどの施設の優待やチケットなどで体力向上、リフレッシュ等、健康面全般の向上が目指せます。社員が健康であることは職場のモチベーション維持にもつながると思います。

会社の社会的信用度の向上

会社がいかに充実した福利厚生を提供しているかは、求職者、社員のみならず社会からも注目されています。そのため福利厚生が充実している事は社会的にも安定した経営をしていることをアピールできるのです。

社員の会社へのエンゲージメント向上につながる

社員がワークライフバランスのとれていると、業務効率も上がり、仕事の成果にも良い影響を及ぼすと考えられます。企業側とすれば活き活きと社員が働いており、業務効率が上がることは何より望むところではないでしょうか。

福利厚生を会社が充実させることで得られるメリットをいくつか挙げてみました。会社が順調に安定して経営を続けるために不可欠な「健康な社員」を確保するためには、やはり企業努力も必要のようです。

デメリットもある

もちろんメリットだけではなくデメリットも考えられます。以下で少しご紹介します。

管理の負担

福利厚生は様々な形態で提供されるため、それぞれを管理するための作業は膨大になってしまいます。法定外福利厚生では利用ごとに随時対応が必要なものもあり、その作業は会社としての負担になってしまいます。

コストにかかる負担の大きさ

社員のための制度ですが、それには当然コストがかかってきます。いかに充実した福利厚生を目指していても費用が負担になってしまえば結果的に先細りしてしまいかねません。会社側はいかにコストを削減させつつ充実させるかが課題になってきます。

他にも、どんなに充実させているつもりでもすべての社員に対応させるのは難しいといえます。このように費用の面からのデメリットを改善させるために、近頃では福利厚生代行サービスを利用する会社も増えています。

まとめ

今や会社選びのチェックポイントの一つになっている福利厚生。自社の魅力をいかにアピールできるかは、この福利厚の充実が鍵を握っていると言えるかもしれません。就職を考えている時、同等の条件であれば手厚い福利厚生のある会社の方がより魅力的に映るはずなので、より良い人材を採用したい会社にとっても多少コストはかかっても福利厚生を充実させるメリットは少なくないはずです。